マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« サンデープロジェクト特集「グレーゾーン金利撤廃は是か非か?」を見て驚いた。 | トップページ | 光市母子殺害事件差戻審判決の日 »

2008年4月16日 (水)

新緑の季節

ブログを休んでいる間に、はや4月も半ば。

 休んでしまったのには、理由が3つ。

 一つは、毎日強烈な咳に悩まされていたため。

 この間ひいた風邪はくしゃみと鼻水程度で比較的はやく治ったのだが、1週間位してから今度は急に喉が腫れ、声が出なくなってしまった(無理すれば、しゃがれ声が出る程度)。びっくりして耳鼻咽喉科で薬をもらったりしていたのだが、3、4日位してから今度はものすごい咳が出るようになった。特に就寝時がすごい。2日間休暇を取って実家に帰っていたのだが、その間が一番ひどくて、夜中にも胸の奥から吹きすさぶような咳が止まらず、母から「近所迷惑だ」と言われるほどだった。3日間位は、ほとんど眠れなかった。

 心配になって呼吸器内科に行き胸部レントゲン写真を撮ってもらったが、幸い異常はなかった。

 咳止めのためのカプセルやらどす黒い液体の薬やらテープ(「経皮吸収型」という)やら処方してもらって、ようやく咳も終息に向かっている。

 それでも、仕事の際に、電話中でも、裁判官や依頼者との会話の最中でも、突然咳が始まるので、本当に難儀をしている。

 咳以外に特に倦怠感などの症状もないのだが、咳のせいで夜眠れなかったり、咳をして胸や腹が痛くなったりで、体力も気力もそがれてしまっていた。

 今年の春の風邪は、どうも咳がひどいらしい。事務員や依頼者からも「私も同じでした。」とよく言われた。呼吸器内科の先生も、咳だけが残る風邪があると言っておられた。

 ご注意のほど。

 もう一つは、体調を崩したせいで、仕事が押してしまっていたこと。

 期日のせまっていた準備書面がなかなか書けなかった。

 しかし、咳がおさまるにつれ、やる気も徐々に湧いてきて、仕事もはかどるようになった。

 でも、ここ1ケ月位は挽回するために頑張らねば。

 更にもう一つは、家族がまた持病で入院したこと。

 私ができることはそれほどないのだが、やはり気力がそがれるものである。

・・・・・そんなわけで、今年の春は、桜を愛でる余裕もなく、ブログを書く気力も湧かなかった。

       Sinryoku_3

 事務所近くの街路樹。

 官庁街なので、道幅も広く、大きな街路樹がたくさん植えられている。新緑のこの時期は、本当に美しい。

   Tanpopo_001_2

 道路脇のタンポポ。一面に咲いていて、きれいである。            

・・・・・・・仕事が一段落したら、またぼつぼつと記事を書きたいと思っている。

           Leaf2

 TVタックルの14日の「ニッポンの裁判の在り方を考える!タックル司法制度大検証」は結構面白かった(Barl-Karth先生のお顔を拝見することもできたし)。

 裁判員制度の法律ができる前に(国会で議論されているときに)、こういうふうにテレビでもっと取り上げて、国民的議論を巻き起こしてもらいたかった。

 光市母子殺害事件では、BPOが意見書を公表したようだ(Sezemonie さんから教えて頂いた)。

 光市母子殺害事件の差戻控訴審に関する放送についての意見

 まだざっと読んだだけだが、対象とされた番組に対して大変厳しい意見が掲載されている。

 朝のワイドショー「とくダネ」でも、少し紹介されていた。

 このBPOの意見が、今後のマスコミの裁判報道に対してどういう影響を与えるか興味のあるところである。

 そして、光市母子殺害事件の判決期日が近づいてきた。

 先日の夕方のニュースで、被告人に面会したという記者と被告人との会話が報道されていた。どうしてこの時期にこういうことをする必要があるのか分からないが、そのときの被告人の声のアテレコには疑問を感じた。会話の内容はそれほど印象に残るものではなかったが、その声音というか話し方というか、そういうものは、視聴者の嫌悪感をかきたてるように演出されていたのではないか。

 BPOの意見がマスコミに浸透することを祈るばかりである。

« サンデープロジェクト特集「グレーゾーン金利撤廃は是か非か?」を見て驚いた。 | トップページ | 光市母子殺害事件差戻審判決の日 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。トラックバックがうまく通らなかったのでこちらにコメントさせていただきます。よろしかったらご笑覧ください。
■光市事件 みのもんたvs安田好弘
http://montagekijyo.blogspot.com/2008/04/blog-post_17.html
■大沢孝征という検察報道官
http://montagekijyo.blogspot.com/2008/04/blog-post_644.html

私も毎年、花粉が飛ぶ時期になると、咳が出ていました。
それで、人には花粉が喉にはいるので、風邪ではありませんと言い訳していました。
アレルギー科を受診すると、飲み薬を出されて、吸入もするようにと言われました。
喘息は以前から否定されていたのに、その病院では喘息の疑いも多いにあると、吸入の薬も二倍にされて、これを急に止めると
咳がひどくなると言われました。何だか怖くなりました。

ある日から私はマスクを付けることにしました。
すると何日かすると、咳が止まったのです。
私は、その吸入の恐ろしい薬を止めました。
昨年の春はマスクのお陰で咳が出ませんでした。
ところが今年はうっかりマスクを忘れていたので咳が出始めました。
でも、マスクを付け初めてしばらくすると治まりました。
今では、家の中でもマスクをしています。


わたしの場合は、空気の汚れや花粉で咳が出始めることを
自分で突き止めました。
皆さんに当てはまるかどうか疑問ですが・・・
参考になるかどうかわかりませんが・・・

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/40898910

この記事へのトラックバック一覧です: 新緑の季節:

» 光市事件報告書から [天下の大悪法・裁判員制度徹底糾弾!!高野善通の雑記帳]
 本日は、光市母娘殺害事件についてのBPO報告書について取り上げたいと思います(参考毎日記事)。なお、余談ですが、5月6日10時〜10時55分まで死刑執行の瞬間を録音したラジオ番組が文化放送で報道され〓..... [続きを読む]

« サンデープロジェクト特集「グレーゾーン金利撤廃は是か非か?」を見て驚いた。 | トップページ | 光市母子殺害事件差戻審判決の日 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報