マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月

2007年7月20日 (金)

梅雨明けはいつか?

 名古屋の夏は暑い。

 梅雨はうっとうしいが、梅雨が明けるとなると直ぐに猛暑がやってくる。しかも、今年の名古屋は例年にも増して暑くなるそうだ。

 今年の夏は大変忙しく、まとまった休みはとれそうもない。大事な準備書面を書かなきゃ、訴状もそろそろ仕上げなきゃ、などと気が焦るばかり。

 ・・・・・正直なところ、ブログの記事を書くどころではない。

               Oobagibousic_1

 そんなわけで、たくさんコメントを頂いても、お返事を書けそうにもありません。ネガティブコメントも、(罵詈雑言のたぐいでない限り)たいていのものは掲載させて頂いていますが、私が反対意見を述べないからといってコメントの意見全てを容認しているわけではないということはご了解下さい。

 もうすぐ光市母子殺人事件の差戻審の被告人質問がまたはじまりますが、冷静に裁判の行方を見守って頂きたいと思います。

 光市母子殺人事件とマスコミ報道3でご紹介した

 弁護士のあり方をとおして見る日本と世界の現状 (『派兵チェック』第164号(2006年5月15日発行)掲載 太田昌国氏著)の記事

 私は、死刑制度は国家による殺人を合法化していると考えるので、その廃絶を願う者だが、被害者遺族が「極刑以外の刑罰では納得し得ない」と語るとき、それとどう対話できるかという課題が自分には課せられているとは自覚する。

 同時に、いかに凶悪な事件であっても、被害者家族や野次馬社会が復讐感情に溺れないように、事件の真の姿を事実に即して明らかにするためになされるべき弁護人の職務というものは厳としてあることを理解する。

 社会の一員ではあるが、事件そのものに対しては第三者である者たちには、センセーショナリズムに堕さない冷静さが必要であることも理解する。

 つまり、被告人を憎む被害者の立場、凶悪な行為を犯した被告人の利益をすら守るべき弁護人の立場、事件の審理を見守る第三者である圧倒的多数の人びとの立場は、それぞれ異なるということだ。

(枠内は引用、太字は管理人によるもの。)

  国民が裁判を監視するということは、冤罪事件を生まないためにも大切なことだと思います。しかし、あくまでも第三者として、感情に流されることなく、冷静に見守ることができないと、監視の役割は果たせないでしょう。それには、テレビなどのメディアによる報道を鵜呑みにはしないことが必要かもしれません 。

 私個人は、この事件でテレビのキャスターやコメンテーターという方々の一面的な事実報道や一方的な意見にうんざりしてしまったので、もともとあまり見ていなかったテレビのニュースやワイドショーをますます見なくなってしまいました。災害などの緊急事態でもない限り、インターネット上のニュースや新聞で事足りてしまっています。

 どこで情報を得るかは人それぞれでしょうが、今回の事件でつくづくメディアの怖ろしさを感じました。

 それにしても、この事件の報道は異様です。

 このブログや他の方のブログに、「司法記者」と名乗る方から(本当に司法記者かどうかは分かりませんが)、(現在報道されている以外の被告人に有利になると思われる事実を)報道することが「怖くてできません」というコメントが投稿されていました。

 たとえば、こちらのブログhttp://blog.goo.ne.jp/kanayame_47/e/faa11e2ccfadd777a0a1e594773372ab

 この「司法記者」と名乗る人物が本当に司法記者なのか、「報道したくても報道できない」というのが本当なのかどうか、真実は分かりませんが、現実の報道のあり様を見ていると、「そんなことがあるのかもしれないなあ」と疑りたくなります(これは、あくまでも私個人の感想です。匿名のコメントを真実と認めたわけではありませんので、あしからず)。

 光市母子殺人事件について、マスコミ報道ではなく、裁判資料に直接あたって考えてみたいという方がおられましたら、右サイドバーに紹介しました光市裁判 年報・死刑廃止2006 インパクト出版という本に記載されている、最高裁判決、最高裁検察官弁論要旨、最高裁弁護人弁論要旨、補充書1~3をぜひお読み下さい。マスコミで報道されていない事実も分かります。

 この本については、死刑廃止論を推奨するものだから読みたくないという方がおられるかもしれませんが、上記の裁判資料が実際の裁判資料であることにはかわりありません。私は、別に死刑廃止論者ではありませんが、裁判資料は現在のところこの本にしか掲載されていませんので、(ちょっと高いですが)この本を購入して読んでみました。そして、マスコミで報道されていない事実がたくさんあることを知りました。

 裁判の資料としてはごく一部ではあり、弁論要旨記載の弁護人の主張や鑑定結果についての評価は分かれるでしょうが、私がまず第一に思ったのは、「なんで弁護人がこういう主張をしていることがもっと報道されないのだろう」ということです。弁護団は、記者会見をしたり、記者らに資料を配ったりしたらしいですが、なぜこういう主張が報道されないのかという疑問を持ちました。例の「儀式」「蝶々結び」などは繰り返し繰り返し報道されているのに、なぜなのか。

 懲戒請求事件についてもそうです。ネットでこれだけ騒ぎになったのに、テレビで取り上げたのは(私が知る限りでは)NHKの関東ローカルの特報首都圏「ネットの〃祭り〃が暴走する」という番組だけ。裁判員制度を控えているのだから、もう少し取り上げて分析する番組があってもよさそうなのに。

 以上、(あくまでも私的な)私の疑問やら感想やらを書きました。反対のご意見が多々あるとは思いますが、今週末はパソコンが使えないところに行っています。コメントを頂いても月曜日まではブログに反映できないことをご了承下さい。

 また、当分忙しいので、光市母子殺人事件の公判について、記事を書けるか分かりません。それに、他にも書きたい記事がたくさんあります。

 ただ、前にも書きましたが、裁判員制度の実施を目前にしてこのような事件があったということは重要視されるべきだと思っていますので、裁判員制度や刑事裁判、刑事弁護についての記事を書く際に触れることがあると思います。

     Ki0011     

2007年7月14日 (土)

ある山登りの話

 山道を下って帰る途中の一人の旅人Yがいました。Yの仕事はガイドでした。Yは仕事が入っているので帰りを急いでいました。

 そのとき、山道を登ってくる別の旅人AとBとすれ違いました。AとBははじめて山登りをする旅人でした。

 AとBは、Xというガイドから、「その山道は険しくありません。山歩きがはじめての人でも山頂にたどりつくのは簡単です。景色がいいのでぜひ登ってみて下さい。」と勧められて、ガイドを頼まずに登ってきたのでした。

 YはAとBが登ろうとしている山道は、十分な装備や経験がないと登り切るのは難しい道であることを知っていました。落石も多いので、運が悪いと怪我をする可能性もありました。その山道の入り口には「落石注意」という看板も立っていました。

 そこで、YはAとBに「その道は危ないですよ。その看板を見て下さい。」 と教えました。Yは、AとBとは初対面でしたので、どの位山登りの経験があるのか、どんな装備を用意しているのか、またその山道についてどの位調べてきたのか、などは知りませんでした。

 しかし、Aは、「ガイドのXが簡単な道ですと教えてくれたんだ。お前は俺を行かせたくないからそんなことを言うんだろう。Xの方がガイドとして上だからやっかんでいるのか。俺は俺でこの山道のことを調べてきたんだから口を出すな。今の発言は脅迫だ。撤回せよ。」などとYに食ってかかりました。

 YはAの態度に腹を立て、それ以上Aをとめませんでした。

 Bの方は「そんなに危険な道なら登るのはやめます。落石にあって怪我をするのは嫌ですから。私は引き返します。」と言って、引き返しました。

 Yは帰り道を急ぎました。

・・・・・・この話はフィクションです。実在の人物や団体とは何ら関係がありません。

         Photo_28 

2007年7月13日 (金)

刑法犯の減少

今年上半期 「刑法犯」7.1%減 年間200万件下回るペース

7月13日9時38分配信 産経新聞  (ボツネタ経由)

 今年上半期(1~6月)に全国で発生した殺人や窃盗、詐欺など刑法犯の認知件数は92万5931件で、前年同期に比べて7・1%の減少となったことが12日、警察庁のまとめで分かった。年間では、10年ぶりに200万件を下回るペースで、警察庁では「住民の防犯意識が高まり、身近な防犯活動などが積極的に展開されてきたことなどが原因」と分析している。

 TVでは、センセーショナルな殺人事件の報道が多いため、殺人事件も増えているのかと思ったら、実は減っているそうだ。

 動機が理解しがたいものだったり、犯行態様が凶悪な事件は増えているのかもしれないが、実数自体は減少傾向にあるようだ。

 このまま減少傾向が続けば、裁判員制度の対象となる事件 もそれほど多くならないかもしれない(当選する確率が低くなるというにすぎないが)。

 また、懸念されていた被疑者段階での国選弁護人不足も、それほど心配しなくてもいいかもしれない。

 とすれば、被疑者国選により刑事弁護人の需要が増えるから弁護士の数を増やさなくてはいけないという理由もなくなるわけだ。

 犯罪が減り、刑事弁護人の需要が減ることは喜ばしいことである。

               Buranko_8

東北弁連、定期大会で3決議採択   asahi.com 2007年07月07日 

 平山会長は増え続ける法曹人口について、「(弁護士の)質が維持できるよう、過剰な増加については政府にストップをかけることもあり得る」と述べた。

法曹人口の増加政策転換要請も 盛岡で日弁連会長

  河北新聞ニュース  2007年07月06日金曜日       

 日弁連の平山正剛会長は6日、盛岡市内のホテルで記者会見し、司法制度改革で法曹人口が増加することについて「弁護士の過疎や偏在がなくなれば、政府に(増やさないように)政策転換をお願いする」と述べ、抑制が必要な時期が来るとの認識を示した。

 しかし、「(弁護士人口の)抑制が必要な時期」とは一体いつ来るのか。 

 河北新聞ニュースの記事によれば、「弁護士の過疎や偏在がなくなったとき」というが、弁護士も医師と同様、どこで開業するかは個々人の自由なのだから、弁護士の少ない地方での開業を強制するわけにはいかない。また、弁護士が増えれば必ずしも過疎や偏在がなくなるわけではないことは、ここ数年弁護士が急増したにもかかわらず、あいかわらず都市に弁護士が集中していることからも明かである。更にいえば、「弁護士過疎」が実際にはどの程度のものか、その地方地方でどの程度の数の弁護士が必要とされているのかについても、検証がなされているとは言い難い。

 公設事務所で最も取扱件数の多い多重債務者事件もグレーゾーン金利廃止等により次第に減少するであろうし、刑事事件も減少するとなれば、これからは人口の少ない地域での弁護士需要はどの程度となるのか、真剣に検証してみる必要があろう。

 asahi.comの記事によれば、「弁護士の質の維持ができなくなる程まで過剰になったとき」に抑制に転じるとされているようだが、「弁護士の質の維持ができなくなるまで」待つということか。

 この二つのニュースだけでは平山会長の真意はよく分からない。はっきりさせて頂きたいものだ。

           Himawarisbn7

2007年7月 9日 (月)

光市母子殺人事件とマスコミ報道4

 フリージャーナリストの綿井健陽氏のブログをリンクに加えさせて頂いた。

 ジャーナリストとして光市母子殺人事件についての報道を冷静に分析されている。実際にも裁判を傍聴されたそうだ。

 こういうマスコミ報道に対する冷徹な眼をお持ちのジャーナリストの記事を読むと、本当にホッとする。ぜひお読み頂きたい。

<綿井健陽氏の光市母子殺人事件関連の記事>

 「殺せ、殺せ」の大合唱 

 「死刑反対の弁護団」VS「死刑を求める被害者遺族」?..

 【広島から その1】

 【広島から その2】

 「死体は語る」

2007年7月 6日 (金)

中坊公平氏が弁護士登録請求を取り下げ

 中坊公平氏は、結局、大阪弁護士会に提出していた弁護士登録請求を取り下げたそうだ。

中坊氏が弁護士登録請求を取り下げ 大阪弁護士会に(朝日新聞)

 しかし、中坊氏が住宅金融債権管理機構(現・整理回収機構)社長当時の不適切な債権回収問題をめぐり、詐欺容疑で告発された責任をとって廃業したため、弁護士会内部では再登録に慎重な声も出ていた。

 中坊氏はコメントで「この件の取り扱いが大阪弁護士会にとって、厄介な問題とされている」とし、混乱を避けるために再登録請求を取り下げたと主張した。「再び使い慣れた(弁護士)事務所の机に座ることが夢でしたが断念しました」「今はとても淋(さみ)しい気持ちですが、しばらくそっとしておいて下さい」と結んでいる。

   (青字は朝日新聞 2007年07月05日  asahi.com からの引用)

 批判覚悟の上で再登録請求をされたのだろうが、どういうおつもりでそれを取り下げたのか、さっぱり分からない。

  記事では大阪弁護会に「厄介」をかけないように取り下げたということだが、この厄介っていったい何を指しているのだろうか・・・。

2007年7月 5日 (木)

裁判官の良心、裁判員の良心

 袴田事件の1審で死刑判決を書いた熊本元裁判官のブログをリンクに加えさせて頂いた。

 私は今年70歳になる。袴田君の顔は今も思い出さない日はない。
「(自分が)死ぬ前に一度言っておきたい」という気持ちでマスコミにもでました。
 袴田君が開放されない限り、私は救われない。
 開放されたとしても彼の一生をつぶしたことになると思っている。

    (青字は熊本元裁判官のブログからの引用)

 熊本元裁判官は、裁判官の評議の秘密を破っても、袴田死刑囚を救いたかったのだ。

 裁判官の評議の秘密についての法律はこちら。

◆ 裁判所法 第75条(評議の秘密)
1 合議体でする裁判の評議は、これを公開しない。但し、司法修習生の傍聴を許すことができる。
2 評議は、裁判長が、これを開き、且つこれを整理する。その評議の経過並びに各裁判官の意見及びその多少の数については、この法律に特別の定がない限り、秘密を守らなければならない。

 特に罰則の定めはない。

 ちなみに、裁判員にも評議の秘密が求められている。

 裁判員の評議の秘密を定めた法律はこちら。

◆ 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律 第79108条(注)(裁判員等による秘密漏示罪)1項
 裁判員又は補充裁判員が、評議の秘密その他の職務上知り得た秘密を漏らしたときは、6月以下の懲役又は50万円以下の罰金に処する。

(注) 裁判員の参加する刑事裁判に関する法律の一部改正(部分判決制度を導入するもの)により、条文番号が変更されました。

 つまり、裁判員が評議の内容について、ブログに書いたり、他人にしゃべったり、はたまた2チャンネルに書き込んだりしたときは、懲役、罰金の刑罰が下されることもあるのである。

 しかも、この秘密は一生背負わなければならない。

 もし、裁判員が熊本元裁判官と同じ立場に立ったらどうするのか。

 熊本元裁判官は、記者のインタビューに次のように答えている。

質問:
 裁判員制度では協議の秘密を漏らしてはいけないとなっている。その点についての考えを聞きたい。

熊本:
 裁判員制度は大反対。「みんなで殺せば怖くない」という主義のやり方はよくない。海外でいろいろ調べたが、向こうの陪審員制度は300年の歴史がある。なんの歴史もない日本で、アメリカから言われたからと言って、突然そんなことをやる。日本は遅れている。

質問:
 協議の秘密を一生守ることについて、重い負担だとする意見もある。

熊本:
 重いでしょうね。人の命を救うためにどうするか。ケースバイケース。秘密を洩らすのがいいかどうかということに帰結するのではないか。

                Xxx_6

 このブログでも紹介した6月29日の「裁判員制度はいらない!大運動」の集会は大盛況だったそうだ。

 特に、裁判員裁判劇『美しい国の裁判員時代』は面白い。

 東京新聞7月1日朝刊「こちら特報部」にこの劇の紹介がある。

 評議明かせば逮捕の可能性

 (有罪判決確定から)約8ケ月後。テレビの報道番組。キャスターがひかる被告のアリバイを証明する人物が現れたことを説明。「被告は無実であった可能性が高い。」と、無罪を主張していた裁判員男性をスタジオに招き入れた。男性は「やりきれない気持ちです。取り返しがつきません」と、評議の様子を明かし始めた。

 そこへ突然、私服警官2人が乗り込んできた。「裁判員法108条の秘密漏示罪の現行犯だ!」。裁判員男性は連行された・・・。

 (青字は東京新聞からの引用)   

 ・・・・・・こういうことが現実に起こるかもしれない。

2007年7月 1日 (日)

刑事裁判官の苦悩

 袴田事件で1審静岡地裁で死刑判決を書き、今年に入り「無罪の心証を持っていた」と告白した熊本典道元裁判官(69)は、「心にもない判決を書いたことを今でも悔やんでいる」と話しているという。

 「心にもない判決書いた」 袴田事件集会で元裁判官

 (中国新聞7月1日19時11分更新)

 3人の裁判官の中で熊本元裁判官はただ1人反対したが、結局多数決で有罪の死刑判決となったという。

 このことで、熊本元裁判官は40年も苦しんでこられたのだ。

 以前の記事でご紹介した「裁判官の爆笑お言葉集」(長嶺超輝著 幻冬舎新書発行)のコラム(p114)に 

 評議で意見が割れたなんてことは、公には一切明かされません。評議の内容は非公開。裏でどれだけ揉めたとしても、まるで何もなかったような顔をして裁判長は「全員一致」の結論として判決を言い渡さなければならないのです。

  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 判決内容に反対しているのに、多数決で強引に押し切られた裁判官は、せめてもの抵抗の意味で、判決文に自分のハンコを逆さに押すらしい・・・なんてことが、まことしやかに噂されることもありますが、あくまで都市伝説の類であって、実際にそのようなことはないそうです。                                              (青字は引用)

 との記述があるが、熊本元裁判官もそれこそハンコを逆さに押したい心境だっただろう。

              Mannenhitur_2

 裁判員による裁判も多数決で決まる。

 有罪の死刑判決か、冤罪で無罪か、意見が分かれ、無罪を主張した裁判員が多数決で敗れたとき、その裁判員は熊本元裁判官と同じ苦悩を背負うことになるのである。

 弁護士には裁判員になる資格が与えられていない。

 私はそのことに安堵する。   

 

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報