マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 医師の卵も弁護士の卵も同じなのか・・・。 | トップページ | 夏バテ・・・ »

2006年8月15日 (火)

終戦記念日

 きょうは終戦記念日。

 朝からマスコミが騒々しい。

 予想どおり小泉首相が靖国神社に参拝したそうだ。

 毎年毎年、不毛な議論の繰り返し。

 しかし、小泉首相は、今年は任期終了間近で気楽なせいか特に雄弁だった。

① 「特定の人(A級戦犯)のために参拝に行ったのではない。多くの戦没者に哀悼の念を示すために参拝したのだ。」

② 「総理大臣という以前に人間小泉として参拝したのだ。参拝は思想の自由に基づくものだ。」

③ 「首相が参拝したからといって、アジア諸国が日本と交渉をしないというのはおかしい。」

などとインタビューに答えていた。

 しかし、①については、A級戦犯の遺族の方々はそうは思ってはいない様子である。アジア諸国もそうだろう。首相たるもの、自分がどう思っているかではなく、どう見られているかについてもちょっとは神経を使った方がいいと思う。

②については、憲法20条3項の「国及びその機関は、宗教教育その他いかなる宗教的活動もしてはならない。」(政教分離の原則)をどう理解されているのだろうか。総理大臣と天皇の靖国神社公式参拝を政教分離に反するとした高裁判決だってあるのである。

 靖国神社はどうみたって立派な神道の宗教法人である。それなら、たとえばクリスチャンの戦没者に対する哀悼の念はどこで示すのか。

 また、今回の参拝はどう見ても総理としての参拝だから単に一国民の思想の自由でかたずけられる問題ではない。

 戦没者に哀悼の念を示すのであれば、宗教色のないところでやって頂きたいものだ。

 広島の平和公園の碑にあるような「安らかにお眠り下さい。あやまちは繰り返しませぬから。」という心情なら、他にいくらでも方法はあるはずである。それなら誰も文句は言うまい。

 ③については、確かに中国政府などが総理の靖国参拝を外交カードに利用しようとしているのには腹立たしいところもある。しかし、実際に戦争で悲惨な体験をした中国、韓国の国民の感情を逆撫ですることも理解できる。

 交渉では「自分はこれが正しい」ということばかり言っていてもダメだと思う。時には相手を立てることも必要だ(たとえ、相手の主張が感情的で不合理だと思っても。これはなかなか難しいことだけれど・・・)。

                Kikyouc_1

  そんなことを考えた終戦記念日でした。

 あとはテレビを見ないで静かに戦没者の冥福と日本の平和を祈ろうと思う。

« 医師の卵も弁護士の卵も同じなのか・・・。 | トップページ | 夏バテ・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

いつも興味深く拝見させていただいております。
私は、現在現行司法試験(法務省曰く旧司法試験)に破れ、ロースクール入試を控えた法学部生です。
本日の先生の記事、私のそれと近いと感じました。
憧れの職業の方が同じように見ていることに感激しました。
これからも、楽しみにしています。

>戦没者に哀悼の念を示すのであれば、宗教色のないところでやって頂きたいものだ。
広島の平和公園の碑にあるような「安らかにお眠り下さい。あやまちは繰り返しませぬから。」という心情なら、他にいくらでも方法はあるはずである。それなら誰も文句は言うまい。

宗教色を排除してしまえば、死んでしまえばただの有機物、慰霊する意味などないでしょう。
死者は生体としての機能を失い原子と分子に戻っただけ。何が眠るのですか?眠るのは生物のみですが。
星屑から出来た人間が何をしようとそれは星屑が、果ては宇宙が行っていること。宇宙が行っている、全ては物理現象に過ぎないのに過ちも何も無いでしょう。
と、ここまで割り切れますか?

>交渉では「自分はこれが正しい」ということばかり言っていてもダメだと思う。時には相手を立てることも必要だ

これまで散々日本が配慮してきたのに、小泉首相だって配慮してきたのに、結局何をしても文句を言うのですよ、あの国は。
彼らは単に靖国神社を破壊し日本の精神的支柱を砕きたいだけのです。
A級戦犯とされる人々は、単にあの時代、日本の中枢を担ったというだけに過ぎません。
彼らによる作戦が良策か愚策かというのと彼らが罪に問われて良いか否かというのは全く別ですし、そもそも「平和に対する罪」「人道に対する罪」など、戦争に参加した国全てが犯しているわけですから。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/11445684

この記事へのトラックバック一覧です: 終戦記念日:

» 今日のテレ [womandoctor]
今日のテレビ [続きを読む]

» この世界は全て科学で説明可能だ [広島より愛をこめて]
小泉純一郎氏による某神社参拝が議論を呼んでいるようである。法学部などで憲法をきちんと学んだ人の多くは,「政教分離原則に違反する」と考えていることであろう。小泉氏は,政教分離違反との主張に対し,「憲法19条,20条をよく読んでいただきたい。思想・良心の自由... [続きを読む]

« 医師の卵も弁護士の卵も同じなのか・・・。 | トップページ | 夏バテ・・・ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報