マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« どうしてそんなに騒ぐのか? | トップページ | ホームページ更新 »

2006年6月10日 (土)

医療過誤のはなしーその5 証拠保全

 証拠保全とは、医療過誤の疑いがある場合に、患者側が証拠となるカルテなどの廃棄、紛失、隠匿、改ざんを予防するために、カルテなどを確保しておくための裁判上の手続である。 

 証拠保全の期日(検証期日)には、通常は病院でカルテなどのコピーを取らせてもらうのだが、この期日に裁判所が病院からカルテなどの原本を借りて、裁判所でコピーを取ることもある。これは、カルテなどがあまりに膨大で、とても数時間ではコピーを取りきれないという場合であることが多い。そういう場合は、病院も長々と裁判官や弁護士に居座られるよりも、カルテを貸すからそちらでコピーをしてちょうだい、ということもあって、裁判所が預かり証を出せば快く貸してくれることが多い。

 昨日は、そういう証拠保全で裁判所が借りた膨大なカルテや画像を、裁判所の準備手続室でチェックし、そのうちどれだけ謄写にまわすか、どの画像をデュープ(原本の画像と同じように専用の機械でコピーすること)するかを決める作業をした。

 患者の方の中には、証拠保全でカルテのコピーを直接入手できると誤解されている方もおられるようだが、そうではなくコピーは裁判所がするものであり、そのコピーを弁護士会の謄写室というところで再コピーしてもらって、ようやく患者側は再コピーを入手できるのである。

 実は、弁護士会の謄写室で再コピーしてもらうと、愛知県弁護士会の場合コピー代が1枚45円程度かかってしまうのである。これは謄写室の事務員の給与、コピー機などの経費がかかるので仕方がないのだが、患者側には相当の負担となる。

 また、画像のコピーも、デュープだと大きさにもよるが1,000円位かかることが多い。これをシャーカステンにのせて写真で撮るだけなら、3分の1以下の金額ですむ。

 それで、なるべく謄写やデュープにまわすカルテや画像を必要なものだけに抑えようと、昨日はその選択に3時間もかかってしまった。

 膨大なカルテや画像を全部謄写やデュープにまわしてしまえば代理人の弁護士としては楽なのだが、それでは患者の経済的な負担が大変なものになってしまう。必要最小限のものに限るというのは、結構苦労が多いのだ。

 昨日は、梅雨入り後のせいか、大変蒸し暑かった。裁判所は、冷房は28度が限度。これは暑がりの私にとって、相当きつかった。

 依頼者の希望で実費は20万円以内に抑えてほしいということなので、頑張ってみたのだが、どうだろうか。 

 弁護士は、結構こういうお金のことで気を遣わなければならない職業なのである。

               Calcu

 個人情報保護法の施行以来、証拠保全の依頼は減っている。個人情報保護法の適用を受けない医療機関でも、任意にカルテを開示してくれることが多くなった。

 個人情報保護法による開示は、患者にとって証拠保全よりも費用がかからない。弁護士としても、正直証拠保全は前記のような苦労もあり必ずしも採算のあう仕事とはいえない。コピーをしなければならない裁判所の書記官や事務官も大変である(カルテにはたくさんの検査票がぺたぺたと貼り付けてあり、これを1枚ずつめくってコピーする苦労は並大抵のものではない)。

 しかし、それでも証拠保全をしてほしいという方はみえる。やはり、個人情報保護法による開示では、カルテの隠匿、改ざんの可能性があると心配されるからである。

 また、個人情報保護法による開示では、必ずしも全てのカルテなどのコピーがきちんと交付されるとは限らない。故意ではないとは思うが、患者がコピーをもらってきたカルテ、検査記録、画像などの一部が抜けていることが少なからずある。

 証拠保全の場合であっても、検証期日に弁護士がカルテをチェックすると、あるべき検査記録や画像が抜けていて、その場で病院側に尋ねると、「探したらありました。」ということがあるのである。私が、実際に経験した例では、大病院で産科の証拠保全をしたところ、検証期日にカルテはきちんと用意されていたが、あるべきNST(分娩監視記録)が全くないということがあった。NSTは産科事案では最重要ともいえる証拠である。これが出していなかったのが故意であったか否かは不明だが、私が言わなければそのままだったろう。

 だから、素人の患者が、病院に個人情報保護法に基づきカルテなどのコピーを求めても、重要な一部が抜けているということもあり得るのである。

 個人情報保護法施行後も、やはりきちんと証拠保全をしておいた方がよい事案はあると思う。

               Birthflo06

« どうしてそんなに騒ぐのか? | トップページ | ホームページ更新 »

医療過誤」カテゴリの記事

コメント

これは私たちの知らない話ですね。大変有意義な話ありがとうございました。

ところで、ふと思ったのですが、電子カルテの証拠保全ってどうするのでしょう。こちら側でプリントアウトするべきなのかな。その時のコストは。真正性の証明は。なんだかいろいろ問題がありそうです。司法も最新技術についていかなくてはならないのは大変そうですね。

「公立副院長」さんへ
 私自身、電子カルテの証拠保全の経験はありません。ちょっと、経験のある弁護士に聞いてみます。
 おそらくプリントアウトして頂くことになると思いますが、その場合の実費は患者側が負担することになると思います(コピーと同じです)。
 証拠保全の場合、カルテを病院側のコピー機をお借りしてコピーする場合、患者側がコピー代をお支払いしています。たいてい、1枚10円とか20円です。たまに公立病院などではコピー代は不要と言って頂けることもあります。また、ごくたまに1枚当たりのコピー代が非常に高い私立病院もあります。

 

帳簿の電子保存だと、遡及的な改ざんができないシステムを使っていることがそもそも電子保存を認める基本なのですが、カルテもそういう保全措置があるのでしょうかね。

トラバありがとうございます<(_ _)>

依頼者との関係,私たちには想像も付かないほど大変だと思います。

証拠保全の方法について,一考。
大阪地裁では,デジカメでカルテやX線写真を撮って,CD-Rに保存して,検証結果としているそうです。
もちろん,デジカメやCD-Rドライブが必要ですし,書記官の技術習得も必要なので,全ての裁判所ですぐにって訳にはいかないのですが,電子カルテなんかも,デジカメでっていうのが,結構いいのかななんて思ってます。

まだまだ,工夫しなければいけませんが,参考まで(^^;)

遅ればせながら,ブログを通してですが,今後ともよろしくお願いします。

「Non」さんへ

 私の事務所でもデジカメでカルテ(色つき頁など)や画像を撮影しています(その方が安いため)。ただ、裁判所にはCDーRではなく、プリントアウトしたものを提出しています。

 最近は、裁判官のブログというのも増えてきたのですね。これからも拝見させて頂きます。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 医療過誤のはなしーその5 証拠保全:

« どうしてそんなに騒ぐのか? | トップページ | ホームページ更新 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報