マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« クローズアップ現代を見た。 | トップページ | ちょっと一息ーこんな写真 »

2006年6月23日 (金)

世の中の事件雑感

 あっという間に今年もほぼ半分が過ぎてしまった。

 仕事と生活に追われているうちに、世の中では次々と事件が起こりマスコミが騒ぎ立てる。しかし、あっという間にその事件も忘れ去られ、世間の関心は次の事件へと移っていく。

 ブログを始める前は傍観者として眺めていたのだが、いざ自分が何かそれについて文章を書くとなると、結構真面目に考えるものだ。たぶん、いろいろな事件について他人のブログのコメント欄に書き込みをされる方もそうなのだろう。

 私のブログでも(ほんのちょっとだが)そんな事件について記事を書いたことがある。

 これらの事件のその後。

 ○ 共謀罪もなんとか強行採決は免れたようだ。しかし、秋の国会で継続審理がなされる見込みで予断が許されない状況だ。民主党は中途半端な妥協をせずに頑張って廃案に持ち込んでほしい(共謀罪については「法と常識の狭間で考えよう」さんの共謀罪法案の今国会の成立は無くなったが・・・が詳しい)。

               Leaf5

 ○ サラ金のグレーゾーンは廃止の方向でほぼ固まっている。しかし、どこまで上限金利を引き下げるかについては、これからも攻防戦が続く。なんでも、サラ金は政府や国会議員に対して猛烈なロビー活動を展開しているそうだ。これに対抗して弁護士も署名活動をするなどして頑張っている。しかし、サラ金には金も力もある。やはり予断が許されない状況だ(グレーゾーン問題については、「ろーやーずくらぶ」さんの毎日新聞社説「灰色金利撤廃 貸金業正常化の第一歩だ」参照)。

              Leaf5

 ○ 光市母子殺人事件の最高裁判決が出た。ほぼ予想どおりの差し戻し判決。今回はいろいろなニュースを見ていたのだが、結構マスコミは冷静だったように感じる。本村氏は各局に出演されていたが、やはり以前に比べると冷静な態度だったと思う。被告人側からは被告人の父が顔を隠して発言していた。その他には教母師の宗教家の方々や被告人と面接したという一般人の発言もあった。私の知る限り弁護人からは簡単なコメント程度しかなかったようだ。

 まだ高裁の差戻審があり、同じ弁護士としてこういう事件で弁護人がどのような仕事をするのか興味はある。殺意を争うのにどのような証拠が提出されたのか。どのような鑑定書が提出されたのか、被告人の供述の変遷をどう説明したのか等である。しかし、ニュースでは私の知る限りこれらの点に触れたものはなかった。

 やはり係争中の事件では、判決が確定するまでは具体的な事実を公にするのは難しいだろう。

 もっとも、私が興味を惹かれたのは、事件そのものではなく、マスコミや世間の反応である。また、それを受けての最高裁判所の反応である。

 裁判員制度の施行を目前にして、刑事事件に対する国民の関心が高まっている。またこの事件では、遺族である本村氏がマスコミで積極的に被害感情を表明されていることからくる世間の関心もある。

 それを見越して多くのマスコミは安田弁護士の対応について一方的な意見を押しつけ、あおり立てていた。当初はそれに疑念を抱く視聴者も少なかったのではないか。しかし、次第に「こんなことでいいのか。」という疑念を抱く視聴者や有識者も出てきて、東京新聞の安田弁護士のインタビュー記事やジャーナリストの意見表明など辺りから、次第に安田弁護士バッシングは鎮静化し、冷静に審理を見守ろうという風潮に落ち着いたような気がする。

 もし、こういう揺り戻しがなかったなら、一体どうなっていたか、恐ろしさを感じる。

 日本の政治はポピュリズムによると言われて久しいが、裁判員制度を意識して法と良心にのみ従うべき裁判官までもポピュリズムに陥っていく可能性もある。

 被告人憎し、弁護人憎しの国民感情(その多くが意図的なマスコミ報道によって作り出されたもの)を無視できない裁判員や裁判官が出てきたとき、日本の刑事裁判はどうなっていくのか。こちらも予断を許さない状況である(この問題については「ろーやーずくらぶ」さんの「結論先にありきの「死刑」判決 、さんけんブログさんの「破棄差戻判決が捨て去ったもの」、blog of Dr. Makoto Ibusukiさんの「最高裁、無期懲役の破棄参照)。

               Leaf5 

 ○ この他にも薬害C型肝炎集団訴訟の最初の判決が出た。私は弁護団に参加していないが、同じ研究会の弁護士や知り合いの弁護士が参加しているので関心がある。国や製薬会社が控訴するのか、敗訴した原告はどうするのか、他の地域の集団訴訟はどうなるのか、こちらも予断が許されない状況である(薬害C型肝炎集団訴訟については薬害肝炎訴訟全国弁護団会議のホームページが詳しい)。

                Iwagikyouc

« クローズアップ現代を見た。 | トップページ | ちょっと一息ーこんな写真 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/10636025

この記事へのトラックバック一覧です: 世の中の事件雑感:

« クローズアップ現代を見た。 | トップページ | ちょっと一息ーこんな写真 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報