マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 裁判員制度のデメリットー高校生は屈託ない。 | トップページ | 医療事故の公表 »

2006年6月30日 (金)

どうして?群大病院のカテーテル事故

 ヤフーの医療過誤ニュースを見ていたら、こんな記事が。

  医療ミス:心臓手術ミス、男性死亡 大量出血で9日後--群大病院 /群馬
 

 この群大病院とは、先日、

 群大病院:「象牙の塔ではない」 報道関係者に院内見学会 /群馬(毎日新聞

 という新聞記事で院長が「日本の医療現場は欧米に比べ15~20%の人員で担われている。これでは医療事故はなくならない」と述べていた病院ではないか。 日本の医療現場は欧米に比べ15~20%の人員で担われている!!(私の記事参照)。 

 事故の詳細は分からないが、少なくともこれは人手不足のせいではないだろう。

 藤田弁護士のいう医療過誤の類型のA群なのか、B群なのか(医療事故学(2))。

 いずれにせよ、原因をよく分析して厳重な再発防止策を取ってもらいたいものだ。

« 裁判員制度のデメリットー高校生は屈託ない。 | トップページ | 医療事故の公表 »

医療過誤」カテゴリの記事

コメント

|事故の詳細は分からないが、少なくともこれは人手不足のせいではないだろう。

|この事故は、医師が開胸手術の決断(苦しい決断だったと思うが)をしていれば避けられただろう。遺族にとっても医師にとっても非常に残念な事故だ。

人手が足りていれば、開胸の決断が容易になったとは思えませんか?


「名無し」さんへ

 ハンドルネームで結構ですので、名前を入れて下さいね。

ー人手が足りていれば、開胸の決断が容易になったとは思えませんか?ー

 人手不足のために開胸手術の決断ができなかったとしたら、それはそれで怖ろしいことだと思います。

不思議なこと
 広いゲレンデでスキーヤーたった二人が滑っていて結局ぶつかってしまうことがある。
 心臓外科手術の前の日のカンファレンスでスワンガンツカテーテルを術中縫い付けたやつがいると言う昔話をトップがして、そんなあほなことをと、、、いってみんな笑ったが、結局おんなじ様なことを術中やって、翌日、カテーテルを抜こうとして、(抜けない!)術者が真っ青になって緊急手術をして事なきを得た事がある。(犯人はその話をしたトップ(助手)が、別の箇所で同じようことをしてしまったためだった。術者の責任ではなかったが、術者の再手術までの顔色はとても悪かった)
 不思議なことだが、気をつけていても悪魔のように落とし穴に吸い込まれるのはどういうことなんだろう。 
 単にヒューマンエラーという以上の不思議なことを感じる。

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: どうして?群大病院のカテーテル事故:

« 裁判員制度のデメリットー高校生は屈託ない。 | トップページ | 医療事故の公表 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報