マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 仕事におけるストレス | トップページ | テンプレートを変えてみた。 »

2006年6月 4日 (日)

茨城県医師会が「医療問題中立処理委員会」

 「ブログ最先端医療」さんの記事(http://blogs.yahoo.co.jp/beretta_dt10trap

 「茨城県医師会」の記事

http://www.ibaraki.med.or.jp/?act=Movement&mode=Details&movement_no=102

いよいよ第三者機関なるものが出来たようだ。医師会は「金は出すけど口は出さない」そうだ。

 記事だけでは詳細はよく分からないが、ADRなので斡旋(?)には法的拘束力はないだろう。単なる苦情処理に終わらないようにして頂きたい。

 また、斡旋の過程や結果についてはきちんと公表して頂きたいものだ。

 ※ (医師と患者間の)「コミュニケーションの問題が根底にありそうな場合」に有効だと期待されているようだ。

 私は、今まさにそういう事件を、弁護士会のADRである「あっせん・仲裁センター」であっせんしてもらっている。しかし、医師は全く出頭しないし、代理人の弁護士は「謝る必要などない」の一点張り。コミュニケーションの事実関係についても双方の言い分が違っている。

 患者側(遺族)の感情はこじれるばかり。

 医師会のADRでなら、こういう事件の解決が本当に可能なのだろうか。

« 仕事におけるストレス | トップページ | テンプレートを変えてみた。 »

医療過誤」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/10385929

この記事へのトラックバック一覧です: 茨城県医師会が「医療問題中立処理委員会」 :

« 仕事におけるストレス | トップページ | テンプレートを変えてみた。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報