マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 協力医がいない。 | トップページ | 光市母子殺人事件の上告審結審 »

2006年4月18日 (火)

患者側弁護士の仕事

 私の「協力医がいない。」の記事に対してたくさんのコメントを頂いた。一つ一つお返事することはできないが、日本の医療や医療裁判について本当に真面目に考えておられる方々の貴重なコメントだと思うので、少しずつこのブログで取り上げさせて頂こうと思っている。

 ブログを書き始めてから実感したのは、一般の方々に分かりやすい文章を書くのがいかに難しいかということ。医療関係にしろ法律関係にせよインターネット関係にせよ、独特の専門用語がある。それを一つ一つ誰にでも分かりやすく説明しながら書くのは実に難しい。

 私たち弁護士は普段裁判所向けの文章を作成しているので(ただ、私は裁判所向けの書面もできるだけ分かりやすく書くように努力はしているのだが)、一般の方々に直ぐに理解して頂けるように書くのには相当努力が必要なことが分かった。

 今回の福島県の産婦人科医師逮捕の件については、私もどうしてこんなことになったのか、と疑問は感じている。医師の方々がこの事件に憤慨しておられる気持はよく分かる。ただ、この件に患者側弁護士はどの程度関与したのであろうか。少ないマスコミの情報からだけではとても意見を述べる気持にはなれないが、むしろ、この件は医療事故調査会の院外の3人の医師の見解と検察官の判断によって起訴されたのであって、患者側弁護士が関与してはいないように思うのだが。

 どうも患者側弁護士というと、患者側に立って白も黒と言い含めているようなイメージをお持ちの方が多いようだ。しかし、実際にはそうではない(少なくとも私の場合はそう言わせて頂いてもいいと思う)。

 患者さんやご家族の相談を受けると、誤解に基づく場合も多い。多くの患者さんが医療に対して素人なのだから、誤解しても仕方がないところもある。相談を受けて、それを一つ一つ説明していく苦労というのは、誤解を招いた医師の方々にも知って頂きたいところである(弁護士には守秘義務があるので、具体例を掲げられないのが残念だが)。もう少し言葉を多くして説明してほしい、もう少し患者さんの気持を考えた態度を取ってほしいと思うことが多い。

 医師の方々も多くの患者を抱え時間に追われていること、難しい専門用語の多い医療行為について一つ一つ分かりやすく説明するのは大変なことなどが原因だと思うのだが、患者やその家族はすがるような気持で医師の言葉を待っているのである。

 多くの患者側弁護士は、患者さんの誤解ではないか、本当に医療ミスなのか、ということを常に考えながら行動している。直ちに刑事告訴したり、民事裁判を起こしたりはしない。誤解に基づいて裁判を起こすことは、病院や医師だけでなく、患者さんやそのご家族にとっても不幸なことだからである。

 誤解なら誤解、医療ミスなら医療ミスとはっきりと(もちろん結果のみでなくそう判断する理由についても明確に)意見を言って頂ける医師が必要だと思うのである。もちろん、医師の中でも意見が分かれることはある(それは、弁護士も同じことであるー「行列のできる・・・・」という番組はこの点について一般の方々に知って頂けたという功績はあったと思う)。だから、私たちは難しい事案については複数の医師の意見を聞いてから行動するようにしている。

 こういう調査は本当に大変である。近くに協力医がいないために、遠方にまで出向かなければならないことも多い。そして、この調査の結果、医療ミスではなかったり、医療ミスであったとしても立証が難しいという場合、これを患者さんらに伝えて理解してもらうのもまた難しい。

 医療事故の調査のために第三者機関を設置するということには賛成であるが、その機関のメンバーには誰がなるのだろう、誰がメンバーを選任するのだろう。公正、中立といっても、患者側の医療側に対する不信感が強い場合、医療従事者が主たるメンバーとなれば、患者側がその判断に納得するのは難しいと思う。かといって、一般市民がメンバーになると、裁判員制度のような問題が生じてくるだろう(裁判員制度の問題点については後日機会をみて書きたいと思う)。 第三者機関の制度設計は極めて困難だと思う。 

 患者側弁護士は、患者側と医療側の間に立って、四苦八苦することも多いのである。このことは医療従事者の方々にも知ってもらいたいと思う(今後、できるだけ具体例をまじえながら書きたいと思っている)。

 

« 協力医がいない。 | トップページ | 光市母子殺人事件の上告審結審 »

医療過誤」カテゴリの記事

コメント

 管理人さんのような方がいらっしゃるのは本当に有難いことだと思います。一度このようなことについてのお話を伺いたいと常々思っていました。患者さんの医師不信じゃないけど、司法関係者への不信感がどんどん強くなっていたからです。
 説明はできるかぎり患者さんにわかりやすくするように心がけています。しかし管理人さんもお分かりいただけると思いますが、懇切丁寧に図も書いた紙をわたしても理解してもらえないとか、ご本人に都合の悪いところは聞いていただけないことはよくあります。それでも何度も説明しますが、限界があります。
 まして外来では「3時間待ち、3分診療」の状態です。これも別に好き好んでこの状態にしているわけではなく、こうしないと外来に待っている全ての患者さんを診察できないからです。これは医療の構造的問題(絶対数の不足、コストの不足、アクセスが無制限なこと等)です。現行の保険診療の制度において、外来、特に救急外来は充分なことができないのは、はじめから明らかなのです。夜間などは検査技師や薬剤師がいなく、自分と看護師一人で対応しなくてはいけないことなどざらにあると思います。

 患者さんの苦情に関してはまずは看護師経験者を中心とした患者アドボカシー室を設けるといいのだろうと思います。(もしご興味がおありでしたら李啓充さんの著書をお読みください)。ただこれにはコストがかかるので財源が締め付けられている現在難しいのかもしれませんが。(私は経営に関わったことのない若輩者なのでわかりません)
 また私見ですが、第三者機関に関しては当然中心メンバーは現役(ここが非常に重要)の専門医を中心として構成されるべきだと思います。その他の司法関係者やマスコミ、有識者はアドバイザー的な役割を果たすと良いと思います。複数のメンバーの選出に関しては任期を決め、公開し、また判定結果も公開するようにして風通しをよくすべきだと思います。現在でも結局は医師患者双方とも専門医の鑑定を根拠としているわけでこれを一本化するほうがいいと思います。ここにはそれぞれの弁護士によるそれぞれに有利にすすめるための、議論は必要がないのではないかと思います。さらにこの仕事に関わる人には公的な資金を公正に出し、鑑定者の時間と給与を保障すべきだと思います。
 第三者機関とずれますが、スウェーデンでは無過失保障制度によって良好な結果を得ているそうです。またハーバード大学の試算ではこれを米国に当てはめた場合現行の制度よりも社会のコストはやすくあがるそうです。

 医療訴訟が一般の事例と一番違うのは、医療側は患者さんに害をなそうという意識は基本的にないこと(通常の殺人事件とは違う)、また生体が生体を扱っているので、事故だか過誤だか区別のつかないグレーゾーンのことがたくさんあることです。

 今回の福島の件が逮捕なら、全国の臨床医はみんな逮捕でしょう。自分は逮捕されない絶対の自信があるという人がいたら会ってみたいです。だからこんなにも医師の間では問題になっているのです。本来徒党を組むことを嫌う医師が団結しているのです。

 患者さん側の弁護士さんの意見を伺えたのはとても有用なことです。これからも発信してください。

こんにちは
M.T.さま

         いなか小児科医のbefuです。

<どうも患者側弁護士というと、患者側に立って白も黒と言い含めているようなイメージをお持ちの方が多いようだ。しかし、実際にはそうではない(少なくとも私の場合はそう言わせて頂いてもいいと思う)。

これは、ありがたい言葉です。真実をもとめる努力を続けてください。

<それを一つ一つ誰にでも分かりやすく説明しながら書くのは実に難しい。

確かにそうです。その世界にいると、『これぐらいはわかってくれるだろう』という観念にとらわれますが、一般の方々はそうではありません。そして、その部分をないがしろにしていくと、お互いに理解できない、溝に隔てられた世界となっていくのでしょうね。

自分もブログでなるべく平易に平易にとがんばってみるのですが、これがなかなか難しいところです。

第3者機関については、みなさま総論賛成、各論反対というか、難しいですね...。でも、これを作っていかないと、これからも患者さん、医療者ともに不幸な出来事が続くのではないかと思います。

諸外国も参考にして、balanceのとれた機関が早期にできることを望んでおります。

無過失補償制度は一見,病院側にとっても患者側にとってもメリットがあるように思えるのですが,導入されない理由はどこにあるのですか。また,見舞金との違いを教えていただきたいです。
素人なため,初歩的な質問ですみません。

>医療事故の調査のために第三者機関を設置するということには賛成であるが、その機関のメンバーには誰がなるのだろう、誰がメンバーを選任するのだろう。公正、中立といっても、患者側の医療側に対する不信感が強い場合、医療従事者が主たるメンバーとなれば、患者側がその判断に納得するのは難しいと思う。


ちょっとよろしいでしょうか?
同じ論理を用いると、

たとえば、刑事事件の審判は、判事、検事、弁護士の3者により、「敵」も「味方」も「審判」も法曹という状態で行われているわけですが、

「国民」の「司法」に対する不信感が強い場合、裁判において法律家が主たるメンバーとなれば、国民側がその判断に納得するのは難しいと思う。

ということになりますが、法律家の方々はこのことについて如何お考えなのか知りたいです。

それとも、「我々エリート法律家様はいかなるときも不偏不党であり、医者なんぞとは違う」
とでもお考えなのでしょうか?

「通りすがり」さんへ
 
 これから書く刑事弁護についての記事を読んで頂きたいのですが、刑事弁護の場合、裁判官、検事という国家権力の担い手に対し、弁護人は被疑者ないしは被告人の自己防御権に対して(マスコミ、裁判所、検察官を敵にまわしても)誠実であらねばなりません(弁護人の誠実義務ーこれについてはこれからの記事をお読み下さい)。

 しかし、もし医療過誤事件で第三者機関を設置した場合、医療従事者の方が医療界全部を敵にまわしても被害者のために誠実であって頂けるのでしょうか。
 協力医が極めて少ないという今の医療界の封建性、閉鎖性からいって、私は極めて疑問に思うのですが。

 M.T.さんこんにちは。医療ってです。
 上の話になんですが、設定が違うのではないかと思います。
 医療裁判において、刑事裁判では被疑者は医療従事者で裁判官・検事を敵に回しても味方についてくれるのは弁護士ですね。
 第三者機関構想とは基本的に民事裁判に当たるのだと思いますがあえて言えば被疑者は医療従事者で患者さん側ではないですよね。2つの違う設定を一緒に述べることは?です。

 そもそも医療従事者を第三者機関で裁くことを司法に当てはめていうことへの解答なら、司法関係者が裁かれる状態について現行の司法でいかに妥当に行っているかを述べたほうがいいのではないのでしょうか。

 そこで疑問なのですが、被疑者が裁判官または検事または弁護士で、収賄とか殺人とかでなく純粋に司法業務で裁判になったとき本当に公正な裁判が行われているのでしょうか。特に刑事責任については、問われすらしないのではないのでしょうか。

 そこに感覚の乖離を感じるのです。批判しっぱなしで結果に責任をとってないのではないのかと思うのです。ある意味むやみに批判・処罰されないことで批判する職務を可能にしているのかもしれませんが。。。

 現在の医療裁判は無論明らかな過誤のものもありますが、事故やグレーゾーンのものも多いと思います。しかし現行の司法制度では結果責任で裁いている場合も多いわけです。

 短絡的かもしれませんが、どうして裁判官や弁護士は敗訴したり、上級審で判決がひっくり返っても、結果責任を問われないんだろうと思います。きっとそうしないと司法自体が成り立たないからで、ある意味批判されないことによる多少の矛盾には仕方ないから目をつむっているのではありませんか。
 
 第三者機関が完全に公正であるかはわかりません。しかし社会の目に触れるように透明性を高める努力が必要です。

 産婦人科医がここ2年で400人も減ったそうです。正確な統計はありませんがこれは激務だけでなく訴訟の多さが原因です。先日大阪のTVで福島の件について「そもそも産婦人科業務は単純でどうしてこんなミスがっていうのが多い。癒着胎盤も少なくない。」と述べた弁護士さんがいらしたようです。管理人さんのような公正な方ばかりではないのだということでしょう。

 現行の司法制度ではどうしても素人が裁くから矛盾が多く、そして命に関わるような重要な分野で頑張っている人ほど結果責任を問わやすいというシステムは無理なんではないでしょうか。

 なんだかまとまらなくてごめんなさい。

 

「医療って」さんへ

ー2つの違う設定を一緒に述べることは?です。
 そのとおりです。ただ、「通りすがり」さんがごっちゃにしていましたので、このような分かりにくい文章になってしまいました。

 私が言いたいのは、民事事件の場合に第三者機関が設置されたとして、医療ミスがあったことが真実であった場合、それをはっきり指摘してくれる医療従事者が構成メンバーにいるかということです。今の賠償責任保険でも保険会社内には医師がおられますが、そのような指摘は殆どなされていません。
 これを患者に対する「誠実」と言いました。本当は「公正、公平」と言うべきですね。
 これから医療過誤の記事でも書いていこうと思っていますが、こういう公正、公平な指摘のできる医師がたくさんおられるということが信じられれば、私も第三者機関設置に賛成の気持になれるかもしれません。
 

「なな」さんへ
ー無過失補償制度は一見,病院側にとっても患者側にとってもメリットがあるように思えるのですが,導入されない理由はどこにあるのですか。ー

 私は「無過失補償制度」のことを知らなかったのですが、最近「医療に伴い発生する障害補償制度検討委員会」というところの答申書「医療に伴い発生する障害補償制度の創設」という書類を入手して、何のことか分かりました。
 この答申書には大いに異議があります。今、弁護士の間でも検討中ですので、後日改めて意見を述べさせて頂くことになると思います。

ー見舞金との違いを教えていただきたいです。ー
 見舞金は、医師の損害賠償責任の有無を明確にしないまま、示談金ないしは和解金の一種として支払われる金員の俗称だと思います(私の理解ですが)。無過失の場合に限って支払われるものではないと思います。
 ちなみに、私は、この「見舞金」という呼称は好きではありません。
 

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 患者側弁護士の仕事:

« 協力医がいない。 | トップページ | 光市母子殺人事件の上告審結審 »

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報