マイペット

アクセスカウンター

  • 2006年5月18日~

コメント・トラックバックについて

  •  このブログのコメント、トラックバックは管理人の承認制となっています。このため、ブログに記載されるのに時間がかかることがあります。管理人の判断でブログの記事と無関係なコメント等や、誹謗中傷等の公序良俗に反する内容のコメント等は承認致しません。

アクセスランキング

ブログランキング

  • ブログランキング・にほんブログ村へ
     クリックして頂くとブログランキングがアップします。 よろしければクリックお願いします。

ねこちか2

サイバーキャットと遊べます。猫じゃらしで遊んだり、エサを与えることもできます。

« 弁護士とカバン | トップページ | 偽メール事件からの教訓 »

2006年4月 7日 (金)

A弁護士とB弁護士

 「7人の女弁護士」というドラマが始まるというので思い出したのだが、10年以上前、アメリカのTVドラマに「7人の弁護士」というドラマがあった。アメリカでヒットしたドラマで、日本でも深夜に放映されていた。

 こちらは、別に「女」ばかりではなく、「男女」のいる法律事務所における弁護士の仕事ぶりや日常を描いたものだ。最近のER緊急救命室の法律事務所版という感じで、エンターメント性も入れながらアメリカの弁護士の実像や社会問題を真面目に考えているよいドラマだったと思う。

 昔のことなので、具体的なストーリーは覚えていないのだが、最近思い出すシーンに次のようなものがある(うろ覚えなので、実際のシュチュエーションは違ったかもしれないのでお許しを)。

 A弁護士(仕事はよく出来て後輩には尊敬されているが要領が悪く事務所での地位は今一つ)、B弁護士(仕事はあまり出来ないが要領がよくクライアントー依頼者ーからの受けがよい、事務所でも稼ぎ頭として重用されている)が登場人物。

 2人は共同して、女性タレントが芸能プロダクションの待遇の悪さについて訴えた事件を担当していた。その訴訟の途中で、ある程度裁判官の心証(裁判官が事件をどう見ているか、どういう判決を書こうと思っているかなどについての裁判官の心中)がみえてきた。そんなときに芸能プロダクション側から和解の提案があった。和解の条件は依頼者には必ずしも有利なものではない。

 A弁護士とB弁護士は女性タレントと協議をした。女性タレントは芸能プロダクションのひどい扱いを訴えて、和解はしたくないと言う。

 B弁護士は、女性タレントの話にあいづちを打ちながら、やさしく「お気持ちはよく分かります。勝訴に向けて一緒に頑張りましょう。」と述べた。

 A弁護士はB弁護士よりも事務所での地位が下なので、B弁護士の話を黙って聞いていた。しかし、B弁護士が用事で席を離れたとき、A弁護士はその女性タレントに「僕はここで和解した方があなたのためになると思います。このまま続けていても勝訴の見込みはありません。あなたのタレントとしての価値が下がって、弁護士の請求書の金額が増えるだけです。」ととつとつと説明した。

 その女性タレントはもともとは聡明な人だったので、A弁護士の話をもっともだと思い、芸能プロダクションとの和解に応じた。

 アメリカの弁護士の多くがタイムチャージ制(時間給)を採用しているので、和解で事件が終了すると弁護士報酬は請求できなくなる。

 後日、このことを知ったB弁護士は「事務所の収入が減ったじゃないか。」とA弁護士をなじった。

 これは、10年以上前のアメリカのドラマである。

 しかし、日本でも、将来、A弁護士のような弁護士は衰退していき、B弁護士のような弁護士が繁栄していく、と思うのは私だけだろうか。

« 弁護士とカバン | トップページ | 偽メール事件からの教訓 »

弁護士」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/165174/9468434

この記事へのトラックバック一覧です: A弁護士とB弁護士:

« 弁護士とカバン | トップページ | 偽メール事件からの教訓 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

ストップ医療崩壊

  • Iryouhoukai_2   

     このチラシの中を見たい方はこちら

     医療危機打開の署名用紙(PDF)はこちら

     宛先はこちら

無料ブログはココログ

司法改革ニュース

医療過誤ニュース

天気予報